オープン
キャンパス
申し込み

  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員紹介
  4. 教員詳細

教員詳細

堀内 夕子(ホリウチ ユウコ)

現在

職名

准教授

専門領域

英語学、語用論、スペイン語学

学位

  • 米国St.Louis University Department of Modern and Classical languages 大学院修士課程 卒業(学位:Master of Arts in Spanish(修士 スペイン語)
  • 関西外国語大学大学院 博士課程前期英語学専攻 修了(学位:修士(英語))

担当科目

  • 英語1
  • 英語2
  • スペイン語1
  • スペイン語2
  • 卒業研究

研究のキーワード

語用論、モダリティ

最終学歴

関西外国語大学大学院 博士課程後期英語学専攻 単位取得退学

研究内容

「カモシレナイ」のモダリティ機能に関する研究

教育活動

  • 英語1
  • 英語2
  • スペイン語1
  • スペイン語2
  • 卒業研究

その他教育に関する活動

クラブ顧問等:バスケットボール部

研究業績(著書、論文は原則として2018年以降のもの)

論文

  • 「『カモシレナイ』のモダリティ機能 - 口語表現『おいしいカモ』語用論の観点から -」大阪キリスト教短期大学紀要(2020年)
  • 「シソ栽培を通して考える力を育成する英語教育の実践 -『ハンズオン』をテーマにした実践例 -」大阪キリスト教短期大学紀要(2018年)
  • 「Get 受動態 - Modal Passive -」日本語用論学会第20回大会発表論文集(2018年)

その他(学会発表等)

  • 18th Annual Hawaii International Conference on Arts and Humanities. Usage of “Kamoshirenai(may/might)in Japanese and Its Modality Function - From the Point of View of Pragmatics -(2020)
  • 第23回日本語用論学会大会ポスター発表「カモシレナイ」のモダリティ機能 - 口語表現「おいしいカモ」語用論の観点から -(2020)

所属学会

  • 日本語用論学会会員 2000年~
  • 関西英語英文学会会員 2003年~
  • 日本コミュニケーション学会 2004年~

諸活動

社会貢献

2020年度
  • 貝塚市 北野農園農業ボランティア
2019年度
  • 米国 インディアナ州 Subaru CASA Cycling Challenge(CASA for Kids Fund)

免許・各種資格

  • 2018年 全米ヨガアライアンスRYS 300 Level 1 Teacher Training 5-8Years 終了