オープン
キャンパス
申し込み

  1. ホーム
  2. 最新ニュース
  3. 「ハンガーゼロ」の安達燎平さんにウクライナでの支援活動についてお聞きしました

「ハンガーゼロ」の安達燎平さんにウクライナでの支援活動についてお聞きしました

7月5日、ゼミナールの時間を使い、特別講演会が開かれました。この日は「ハンガーゼロ」運動を推進している「日本国際飢餓対策機構」から安達燎平さんをお招きし、安達さんが直接見聞きしたウクライナ難民の現状や、アジアやアフリカの貧しい村でのこども支援のお話をお聞きしました。
安達さんは今年5月、ロシアからの侵攻を受けているウクライナの隣国・ポーランドに入り、難民への食糧支援や日本渡航のためのビザ申請などの支援を体験しました。同機構はポーランドの国境近くの町で日本への渡航を支援するデスクを開設。10人の方々の日本渡航に立ち会ったということです。
安達さんは「日本への渡航は言葉の問題などがあるが、ロシアと陸続きでない日本に安心感をもつ人もいる。今後は難民の方々が元の住居に戻り、現地が復興するまで支援を続けていきたい」と話していました。
学生たちは現地で撮影されたスライドや動画を視聴し、静かに聞き入っていました。

一覧へ戻る