オープン
キャンパス
申し込み

  1. ホーム
  2. 最新ニュース
  3. 2021年10月14日世界食料デー協賛チャペル ジェローム・カセバさんからのメッセージ

2021年10月14日世界食料デー協賛チャペル ジェローム・カセバさんからのメッセージ

ジェローム・カセバ氏をお迎えして―世界食料デー協賛チャペル―

10月14日、恒例の世界食料デー協賛チャペルに、ハンガーゼロのジェローム・カセバさんをお迎えしました。(通訳は北田京子さん)

ジェロームさんはコンゴ民主共和国出身、日本の国際基督教大学留学中に、ハンガーゼロの活動と出会い、いまは啓発のため、様々な機会に講演を行っておられます。

「子どもたちは神さまからの大切な贈り物」というテーマで、アフリカ、コンゴの子どもたちの現状を語ってくださいました。
貧しさのため教育を受けられない、マスクもなく、コロナに脅かされている。
親が貧しいため、ストリートチルドレンになる、そうした子どもたちのために、いま、私たちに何ができるだろう、と問いかけ、「私から始める、世界が変わる」と、小さな一歩を踏み出してください、と励まされました。

チャペル後、ジェロームさんとぜひお話がしたいという学生さんたちを囲んで、急遽交流タイムが持たれました。
「何歳ですか?」「ご家族は?」から始まって、ジェロームさんから学生さんへ「あなたの夢は?」と聞かれ、「留学したい」「幼稚園の先生になりたい」「こども食堂をやってみたい」「施設で子どもたちを助けたい」と次々に盛り上がり、最後に、「私たち、こんな世界の子どもたちに何ができるでしょうか」という問いかけに「小さなことから始めてください」というジェロームさんの励ましに、みんなが感動。最後に記念写真を撮りました。
「あなたから始める、世界が変わる」興味を持たれた方は、ぜひ、きりたんセンターへお問い合わせください。

一覧へ戻る