1. ホーム
  2. 学生生活
  3. キャンパスマップ
  4. チャペル

チャペル

チャペルは、オルガンの荘厳な前奏のうちに始まり、讃美歌が全員で歌われ、主の祈りが唱えられます。 聖書が司会者によって読まれ、その後、学内外の先生方によって20分程度のメッセージが語られ、再び讃美歌が歌われて終わります。

本学最大の特徴 - それは「チャペル」があることです -

毎週木曜日 2限 講堂にて

本学の建学の精神に基づいて、学生たちは毎週のチャペルで聖書の言葉と向き合うひと時を持ちます。 共に讃美歌を歌い、美しいオルガンの調べに耳を傾け、神様のことばである聖書のお話を聞きます。 そして、人生の意味や目的を深く考えます。 なぜなら、ひとりひとりが神様からつくられた特別な存在だからです。

特別ゲストチャペル

様々な教育や福祉の専門家、地域の牧師先生などをお招きして普段と違うお話に耳を傾けます。

クリスマスチャペル

主イエス・キリストのご降誕をお祝いする、クリスマスチャペル。聖書朗読、ハンドベル演奏、合唱部の賛美歌、迫田先生の特別賛美、そして全員で捧げるキャンドルサービス。暖かい光が会場を包み、清らかな美しさに満たされるひとときです。

音楽・人権教育チャペル

神さまの愛、喜びを、美しい歌声や音色で私たちの心にまっすぐに届けてくれる音楽チャペルも行われています。
また人権尊重の精神から、年1、2回、世界の現状や弱い立場に置かれている方々への愛の奉仕について、ゲストをお招きして学びます。

きりたんセンター(チャペル担当)

きりたんセンターは、本学の建学の精神に基づき、広く人間愛や国際理解、ボランティア精神を育てる活動を行います。チャペルを始めとするキリスト教活動の企画・運営を行っています。

学生チャペル委員会

ハンドベルチームとチャペルチームがあります。ハンドベルチームはクリスマスチャペルなどで美しい演奏を披露し、チャペルチームはチャペル運営に協力します。どなたでも、興味ある方はご参加いただけます。問い合わせはきりたんセンターまで。