大阪キリスト教短期大学 子どもを愛する保育者を育てる

大阪キリスト教学院 大阪キリスト教短期大学 幼児教育学科

大阪キリスト教短期大学について

学長挨拶

大阪キリスト教短期大学 学長 森嶋 邦彦

大阪キリスト教短期大学は、1952年に開設されました。短期大学の前身は1905年に創設された神学校であり、110余年の間、キリスト教精神を建学の精神として人格教育を行ってきました。
現在の幼児教育学科は1953年設置の保育科にはじまり、その後、児童教育学科として、初等教育、幼児教育の分野で、多くの小学校教諭、幼稚園教諭、保育士を送り出してきました。入学前から就職後まで、言わば二年間の在学期間をこえて、学生一人ひとりを支援するシステムが、高い就職率につながっています。
1992年に改組された幼児教育学科は、「幼児教育ならキリ短」と言われるほど、幼稚園教諭、保育士の育成に高い信頼を得ており、保育者養成の短大として地域に根付き、卒業生は各方面で活躍しています。
また、子育て支援など様々な面で地域に貢献すると共に、新しい資格取得を可能にするなど、社会、時代の要請に応えるべく常に教育内容の見直しを行なっています。
現在、丸山校地の学院の門を入ると、チャペル様式の本館があり、さらに付属の幼稚園、保育園が同じ校地にあります。
桜、ケヤキ、モミの木々や様々な花が季節ごとに装いを変えるなか、学院に集う園児、学生、教員も1年ごとの成長のサイクルを送っています。これが現在の学院の一つの風景になっています。

学長 森嶋 邦彦

建学の精神

本学院は自由メソヂスト教会の伝統を汲む河邊貞吉により、明治38(1905)年にキリスト教伝道者を養成する神学校として創設された。第二次世界大戦で焼失した校舎は昭和27(1952)年、北米フリーメソジストの援助により再建され、教育は100年にわたって聖書的人間観に基づく人格教育をおこなってきた。
学院第二世紀においても『道・真理・いのち』であるイエス・キリストに倣って、神と人に仕える人間の育成を目指す。
大阪キリスト教学院 旧校舎

第三者評価

大阪キリスト教短期大学は、(財)短期大学基準協会による第三者評価の結果、「適格」と認定されました。

大阪キリスト教短期大学は、(財)短期大学基準協会による第三者評価の結果、「適格」と認定

平成28年度、大阪キリスト教短期大学は、認証評価機関である財団法人短期大学基準協会による第三者評価を受けました。
その結果、協会の定めるすべての短期大学評価基準について、「適格」の認定を受けました。
平成29年3月10日、適格認定証を受けました。
短期大学基準協会による認証評価結果は下記の通りです。

機関別評価結果PDF