大阪キリスト教短期大学 子どもを愛する保育者を育てる

大阪キリスト教学院 大阪キリスト教短期大学 幼児教育学科

ボランティア活動

地域とともにある“きりたん”として、さらに地域の人々とのつながりを深めます

本学では、地域への貢献のため毎年多くの学生たちがさまざまな活動を行っています。幼稚園・保育所をはじめとした子どもの諸施設や高齢者施設での援助活動、地域との協働活動など、かけがえのない体験学習の場となっています。

ボランティアをするには:学生へ

大阪キリスト教短期大学 ボランティア概要

  1. きりたんセンター(地域協働担当)がボランティア活動先の紹介を随時行っていますので、遠慮なく相談してください。
  2. ボランティア活動先が決まったら活動の3日前までに、きりたんセンター(地域協働担当)で活動日時・活動先(活動場所や団体名等)などの届け(ボランティア事前届け)を必ず行ってください。※ ボランティア届けは、保険のために必要です。用紙はきりたんセンター(地域協働担当)に備え付けてあります。また、下記リンクよりダウンロードができます。

ボランティア事前届け

学外の方へ

きりたんセンターではボランティア募集に関する情報を本学学生に紹介しています。いただいた情報は掲示板で告知、ラックで配架、来室した学生へ情報提供などを行っています。

本学では「大阪キリスト教短期大学きりたんセンターにおけるボランティア団体紹介に関する方針」(下よりダウンロード)を基本にしてボランティア募集情報を取り扱っています。本学で初めてボランティアを募集される団体には、募集されるボランティア活動が上記方針に沿ったものであることを確認の上、「ボランティア募集団体登録票」(下よりダウンロード)に記入、提出をお願いしています。併せて「団体責任者の名刺」、「組織概要が分かるパンフレット等」、「ボランティア募集チラシ」の提出をお願いしています。

諸事情により、必ずお受けできるわけではないことをご了承ください。本ボランティア募集についてご不明な点がありましたら、きりたんセンター(地域協働担当)までお問い合わせください。

2019年度 ボランティア活動状況

2019年度は新たに、テーマごとに分けられたゼミ単位で明確な目標を設定して活動に取り組んだ結果、1年生の88%、2年生の93.4%という高いボランティア活動率を達成しました。

ボランティア学生実数と活動率(2020年5月1日現在)

  活動実数 活動率 昨年度
1年生 111名 88% 91%
2年生 84名 92.3% 88%

参加人数

443名 (延べ人数 )

活動平均時間

約8.31時間(一人あたり) ※2018年度は7.76時間

活動施設数

66施設

活動内容内訳

保育関係(幼稚園、保育所) 65名
子ども関係(こひつじルーム、アベノキッズサマープロジェクト、丸山小学校など) 265名
障がい者施設(長居障がい者スポーツセンター、こんごう福祉センターなど) 12名
その他(あべの天王寺サマーキャンパス、ABETENN STREET BUTTERFLYなど) 101名
合計 443名

 

ボランティア活動体験記

2年生 M・Sさん

自分と同じ思いの仲間からたくさんの刺激を受けました

野外活動を主に提供している教育団体に興味を持ち、毎月行われる日帰りの活動や、長期休暇に行われるキャンプに参加しました。私が参加した活動は、小学4年生から中学3年生の子どもを対象としたもので、日帰り活動では野外炊飯でチーズダッカルビを作ったり、カヌー漕いだりしました。キャンプではテント泊をしたり、福井の若狭方面に行っていかだ作りを経験しました。
子どもとのコミュニケーションの取り方や活動しやすい環境作りなど、将来私が関わる保育と共通することも多く、ボランティア参加者には自分と同じ夢を持っている方が多いので刺激をもらうことができました。

地域協働

きりたんセンター(地域協働担当)では本学教員の専門性を生かしたゼミ活動と地域活動をつなぐお手伝いをしています

子育て支援活動

学内にある『こひつじルーム』を絵本のお部屋として地域の子育て中の方々に開放しています。月2回の開催日には、学生やスタッフが絵本や紙芝居の読み聞かせをしています。

 

 

 

 

 

阿倍野区との協働活動

阿倍野区役所と連携し6月と10月に親力アップ講演会を開催しました。

使用済み切手収集のお願いと注意点

きりたんセンター(地域協働担当)では使用済み切手を集めています。切手はJOCS(日本キリスト教海外医療協力会)を通じて、アジア・アフリカの人々の保健医療活動のために用いられます。すでにご協力いただいている方もたくさんおられ感謝です。 注意事項についてお知らせいたします。

  • 周囲は、1センチあけて切り取ってください。
  • 切手は、はがさないでください。
  • 消印が残せそうな場合は極力残してください。
  • 外国のものと、日本のものに分けてください。

収集家の方が購入してくださいますので、きれいな状態で寄付したいと思いますので、ご協力お願いいたします。

 

きりたんセンター

きりたんセンターでは、地域への支援活動・協働活動や、海外研修・留学支援などのグローバル活動のほか、チャペル活動などもコーディネイトしています。