大阪キリスト教短期大学 子どもを愛する保育者を育てる

大阪キリスト教学院 大阪キリスト教短期大学 幼児教育学科

教育・保育実習

1年生4月から始まる 教育・保育実習

子どもたちについて理解するためにも、卒業後、保育の現場で仕事をするためにも最も大切な学びが「実習」。乳幼児教育・保育の専門知識と実践力が身につくように、実習は2年間で6回行います。キリ短では1年生の4月より少しずつ段階を踏みながら、事前指導、実習、事後指導のサイクルを繰り返し、将来、現場で役立つさまざまなノウハウを身につけていきます。

学内に付属こども園・保育所を併設

キャンパス内には、こども園・保育所が併設されており、実習時だけでなく、普段から身近に子どもを感じることができます。また、学外にも本学付属のこども園や実習協力園・施設があり、子どもを知るために恵まれた環境です。

実習の実施は2年間で計6回
学内付属園での観察実習の後、教育実習・保育実習を体験

1

1年 4~7月 [ 4回 ]

学内付属幼稚園

観察実習

保育の流れ、各年齢の子どもたちの様子、環境構成を観察。うち1回は、保育に参加し、子どもと関わる体験をします。(本学独自実習)

2

1年 11月 [ 4日間 ]

幼稚園

教育実習

各幼稚園の一日の流れを観察し、直接子どもと関わるだけでなく、保育前後の仕事も理解したりします。

3

1年 1月 [ 3週間 ]

幼稚園

教育実習

責任実習を通じて幼児教育者としての意識が芽生えてきます。

幼稚園教諭2種免許状

4

1年 2~3月 [ 10日間 ]

施設

保育実習1

入所型児童福祉施設等での実習。子どもや障がいをもつ方と生活を共にし、施設や保育士の役割を理解します。

5

2年 6月 [ 2週間 ]

保育所

保育実習1

保育士の仕事内容を知り、0歳から6歳までの子どものケアや保育方法を実践的に学びます。

6

2年 11月 [ 2週間 ]

保育所

保育実習2

保育の実践力を高め、家庭支援、地域社会との連携についても学びます。

施設

保育実習3

保育所以外の施設で保護者支援、家庭支援、地域社会との連携について学びます。

どちらか選択

保育士資格

教育実習

幼稚園実習は、学内の聖愛幼稚園での観察実習から始まります。ミラー観察室から、子どもがどんな遊びをしているのか、どんな気持ちでいるのかなど、毎回テーマを決めて観察します。また、実際に子どもたちと関わる保育を体験します。 教育実習では、学外の協力園で子どもと関わったり、責任実習を行ったりします。それぞれの実習前の実習指導では、事前準備を行い、実習後は実習反省会、個別指導を受け、保育指導の実力をつけていきます。

保育実習(施設)

1年生の春休み中の2〜3月に施設実習を行います。実習先は、さまざまな理由で親と一緒に暮らせない子どもたちや知的障がいの方々が生活している入所施設です。実習前の実習指導で、それぞれの施設について事前学習を行い、準備を整えます。
施設で子どもたちや障がいを持つ方々と実際に接し、ふれ合うことを通して理解を深め、なぜ、家族と一緒に暮らせないのか、施設での生活はどのようなものか、施設で働く保育士の役割や適切な援助のあり方はどのようなものかなどについて学びます。

保育実習(保育所)

2年生の6月と11月に、保育所実習を行います。保育所実習のための事前指導では、『保育所保育指針』、保育士の仕事内容と役割、乳幼児(特に2歳未満)の発達や保育所での生活の様子、指導計画の書き方などを学びます。実習後は、保育所実習での評価をもとに、グループ討議や発表を通して、振り返りを行い自己の課題を明確にします。また、実習園で行っていた手遊びや保育内容を共有し、手遊びや遊びのレパートリーを広げます。

幼稚園とは?

幼稚園は、文部科学省管轄で学校教育法に規定される「学校」です。
小学校就学前の幼児の心身の発達を助長することを目的とし、そこで保育にたずさわる人が「幼稚園教諭」と呼ばれています。

  • 対象児:満3歳~小学校入学前の幼児
  • 資格・免許:幼稚園教諭免許状
  • 保育時間:4時間(標準)

保育所とは?

保育所は、厚生労働省管轄で児童福祉法に規定される「児童福祉施設」です。
保護者(親)が働いているなどの理由で、保育を必要とする子どもを預ります。そこで保育にたずさわる人は「保育士」と呼ばれます。

  • 対象児:0歳~小学校入学前の保育を必要とする乳児・幼児
  • 資格・免許:保育士資格
  • 保育時間:8時間(原則)

認定こども園とは?

認定こども園は、内閣府の管轄で幼稚園の教育と保育所の保育を一体的に行う施設です。
そこで保育にたずさわる人は「保育教諭」と呼ばれます。

  • 対象児:0歳~小学校入学前の子ども
  • 資格・免許:幼稚園教諭免許状 および保育士資格

実習支援室

実習支援室で実習に関するきめ細やかなサポート

実習支援室では、幼稚園教諭免許状および保育士資格の取得のために必要な教育実習、保育実習(保育所、施設)に関する学生のサポートを行っています。実習先には付属園のほか、多くの学外の実習協力園や施設があるため、自分で実習園・施設を探す必要はありません。実習支援室で実習園への配属をします。そのほか実習支援室では実習資料の閲覧、実習に関する提出物の受付なども行っています。また、教員、職員が連携しながら、実習で求められる社会人としての基本的マナーや振る舞いも含め、実習に対する不安や悩みなどに対してもきめ細やかにサポートしています。

 

 

教育・保育実習マネジメントサイクル

実習の事前・事後指導は、しっかりと時間をかけて行いますので安心して実習に臨めます。

 

実習体験談

幼稚園実習

大阪府下 幼稚園

2年生 S・Iさん

子どもの目線になる、保育環境をよりよく・・・など貴重な体験の連続でした

4歳児クラスを担当しました。絵本の読み聞かせやピアノ伴奏や責任実習などを行いました。身だしなみや言葉遣いを子どもの手本となるよう常に意識する、子どもの目線になって考える、よりよい保育環境を作るなど、実に多くのことを学びました。読み聞かせ一つにしても、年齢や季節にあった本を選んで、声の抑揚や表情を変えて伝わりやすいように読むなど、本当に貴重な経験でした。

保育実習

大阪府下 保育園

2年生 M・Tさん

同じ年齢でも個性があり、子どもと信頼関係を築くことの大切さを学びました

実習は6、11月と2回、違う年齢のクラスを担当しました。乳児クラスでは食事援助やオムツ替え、2歳児クラスでは着替えや手洗いの援助、5歳児には基本的生活習慣確立への声かけ…と役割は変わり、子どもが安全に生活し、過ごしやすい環境にする配慮の大切さを実感しました。また同年齢でも個性があり、触れ合いながら信頼関係を築くことの難しさと大切さを学びました。

施設実習

奈良県下 児童養護施設

2年生 S・Yさん

子どもたちそれぞれの思いを知り、自分自身の視野が広がりました

実習先の養護施設では、掃除や洗濯、アイロン掛けに始まり、洗い物、お弁当作り、小学校への送迎、下校後は宿題のチェック、週1度の買い物の付き添いなどをしました。施設で子どもたちと生活をし、関わっていく中で、子どもたちは様々な環境で育ち、いろいろな思いを抱いていることを知りました。この実習を通じて、自分自身の視野が広がったと思います。