大阪キリスト教短期大学 子どもを愛する保育者を育てる

大阪キリスト教学院 大阪キリスト教短期大学 幼児教育学科

教育実習・保育実習

現場実習を経て保育者へとステップアップ

子どもたちについて理解するためにも、これから保育の現場で仕事をするためにも最も大切な学びが「実習」。 キリ短では2年間で効率良くさまざまな実習ができるよう、1年生の4月より少しずつ段階をふみながら、将来、現場で役立つさまざまなノウハウを身につけていきます。

学内に付属幼稚園・保育園を併設

キャンパス内には、幼稚園・保育園が併設

キリ短のキャンパス内には、幼稚園・保育園が併設されており、実習時だけでなく、普段から身近に子どもを感じることが出来ます。また、学外にも本学付属幼稚園や実習協力園・施設があり、子どもを知るための恵まれた環境です。

実習の実施は2年間で計6回
学内付属園での観察実習の後、教育実習・保育実習を体験

1

1年 4~7月 [ 4日間 ]

学内付属幼稚園

観察実習

保育の流れ、各年齢の子どもたちの様子、環境構成を観察します。うち1日は、保育に参加し、子どもと遊び、関わることを体験します。(本学独自実習)

2

1年 9月 [ 4日間 ]

幼稚園

教育実習(1)

各幼稚園の保育の流れを観察し、子どもと関わったり保育後の仕事も理解したりします。

3

1年 1月 [ 3週間 ]

幼稚園

教育実習(2)

責任実習として部分指導をする中で幼児教育者としての意識が芽生えてきます。

幼稚園教諭2種免許状

4

1年 2~3月 [ 10日間 ]

施設

保育実習1

入所型児童福祉施設等での宿泊実習。子どもや障がいをもつ方と生活を共にし、施設や保育士の役割を理解します。

5

2年 6月 [ 2週間 ]

保育所

保育実習1

保育士の仕事内容を知り、0歳から6歳までの子どものケアや保育方法を実践的に学びます。

6

2年 11月 [ 2週間 ]

保育所

保育実習2

保育の実践力を高め、家庭支援、地域社会との連携についても学びます。

施設

保育実習3

保育所以外の施設で保護者支援、家庭支援、地域社会との連携について学びます。

どちらか選択

保育士資格

教育実習

幼稚園実習は、学内の聖愛幼稚園での観察実習から始まります。ミラー観察室から、子どもがどんな遊びをしているのか、どんな気持ちでいるのかなど、毎回テーマを決めて観察します。また、実際に子どもたちと関わる保育を体験します。 教育実習(1)・(2)では、学外の協力園で子どもと関わったり、責任実習を行ったりします。それぞれの実習前の実習指導では、事前準備を行い、実習後は実習反省会、個別指導を受け、保育指導の実力をつけていきます。

保育実習(施設)

1年生の締めくくりとして、春休み中の2〜3月に施設実習を行います。実習先は、さまざまな理由で親と一緒に暮らせない子どもたちや知的障がいの方々が生活している入所施設です。実習前の実習指導で、それぞれの施設について事前学習を行い、準備を整えます。
施設で子どもたちや障がいを持つ方々と実際に接し、ふれ合うことを通して理解を深め、なぜ、家族と一緒に暮らせないのか、施設での生活はどのようなものか、施設で働く保育士の役割や適切な援助のあり方はどのようなものかなどについて学びます。

保育実習(保育所)

2年生の6月と11月に、保育所実習を行います。保育所実習のための事前指導では、『保育所保育指針』、保育士の仕事内容と役割、乳幼児(特に2歳未満)の発達や保育所での生活の様子、指導計画の書き方などを学びます。実習後は、保育所実習での評価をもとに、グループ討議や発表を通して、振り返りを行い自己の課題を明確にします。また、実習園で行っていた手遊びや保育内容を共有し、手遊びや遊びのレパートリーを広げます。

幼稚園とは?

幼稚園は、文部科学省管轄で学校教育法に規定される「学校」です。
小学校就学前の幼児の心身の発育と教育を目的とし、そこで保育にたずさわる人が「幼稚園教諭」です。

  • 対象児:満3歳~小学校入学前の幼児
  • 資格・免許:幼稚園教諭
  • 保育時間:4時間(標準)

保育所とは?

保育所は、厚生労働省管轄で児童福祉法に規定される「児童福祉施設」です。
保護者(親)が働いている等、保育を必要とする子どもを預り、そこで保育にたずさわる人が「保育士」です。

  • 対象児:0歳~小学校入学前の保育を必要とする乳幼児
  • 資格・免許:保育士資格
  • 保育時間:8時間(原則)

認定こども園とは?

認定こども園は、幼稚園の教育と保育所の保育を一体的に行う施設です。
幼保連携型認定こども園で保育にたずさわる人が「保育教諭」です。

  • 対象児:0歳~小学校入学前の子ども
  • 資格・免許:幼稚園教諭と保育士資格の2つが必要

実習サポート

キリ短ならではの充実した"実習指導"

実習の事前事後指導で不安や悩みを解消

実習の事前および事後指導は、たっぷりと時間をかけて行いますので安心して実習に臨めます。

きりたんならではの実習指導

実習指導室で実習に関するきめ細やかなサポート

幼稚園実習、保育所実習、施設実習などの実習に関わる業務を行うのが、実習指導室。学内付属幼稚園・保育所の他、学外の実習協力園、施設も多いので、キリ短では、自分で実習園・施設を探す必要はありません。実習指導室では、これらの園や施設と長年築いてきた協力体制のもとで、実習内容についてだけではなく、学生の実習に対する不安や悩みなどに対しても、きめ細やかなサポートを行っています。

実習体験談

幼稚園実習

大阪府下 幼稚園

幼児教育学科 2年 S・Sさん

実際に子どもたちと関わることで、教科書では学べない貴重な経験ができました。

実習1週目は観察、2週目から部分実習としてピアノ伴奏などをしました。3週目の半ばに1日実習、製作とゲームの指導をしました。製作のスクラッチは、紙に色を塗って黒を重ね、それをつまようじで削って絵を描くのですが、4歳児には少し難しかったようです。子どもたちと実際に関わることで、今の発達段階を知り、どんな援助が必要か考える。教科書では学べない貴重な経験ができました。実習の事後指導では、実習中に困った子どもへの対応法などを話し合うことができ、とても勉強になりました。

保育所実習

大阪府下 保育園

幼児教育学科 2年 N・Mさん

一人ひとりの話をきちんと聞き、災害時も冷静に対応するなど、多くの学びがありました。

私が入ったのは2~5歳の縦割りクラスで多国籍の子どもがいたので、最初は少し不安でした。けれども子どもたちは年齢や国籍など関係なく、仲良く遊んでいました。ケンカもありますが、先生方はお互いの話を聞き、きちんと話を整理して納得できるように導きます。私も一人ひとりの話をしっかり聞ける保育者になりたいです。実習中に地震があり、怖かったけれど、不測の状況でも冷静に対応し、責任を持って子どもの安全を確保することも保育者に求められるのだと実感しました。

施設実習

大阪府下 児童養護施設

幼児教育学科 2年 K・Mさん

10日間寝食を共にする間に緊張もほぐれ、子どもたちとしっかり向き合えました。

私は、小学3年~6年の男子7人の担当になりました。始めはとても緊張しましたが、徐々に慣れてきて、食事の準備や掃除などの家事の合間に、一人ひとりに合った話題や遊びをして楽しく過ごせました。子どもたちは、時にはケンカもしますが私には優しく、学校での出来事を話してくれたりと、施設の印象がガラッと変わりました。事前指導で施設の方からお話を聞けたのも、役に立ちました。子どもへの支援で大切なことを学んでしっかり向き合うことができ、成長できたのではないかと思います。

きりたんの幼児教育学科をもっと知ろう!