大阪キリスト教短期大学 子どもを愛する保育者を育てる

大阪キリスト教学院 大阪キリスト教短期大学 幼児教育学科

OGインタビュー

幼稚園教諭

M・Yさん
2016年3月 幼児教育学科卒業
私立幼稚園勤務

毎日たくさんの刺激とエネルギーを

もらって、私自身も成長していきたいです。

今の仕事内容は?

現在は3歳児の担任をしています。入園当初は集団生活に戸惑い、泣いていた子どもも、徐々に友だちと関わり、笑顔が見られるようになりました。クレヨンを持つことさえも難しかった子どもが線を描き、円を描き、人物が描けるようになって、成長が感じられるのがうれしいですね。作品展の製作では、私に「先生、こうしたほうがかわいいよ」と伝えにきた子どもたち。以前は教えられるまま取り組んでいたのが、いつの間にか主体的に活動をするようになっていて、びっくりしました。毎日子どもからたくさんの刺激とエネルギーをもらい、それは私自身の成長にもつながっています。

キリ短在学中の一番の思い出は、幼稚園実習の授業の時、学年全体の前で歌唱指導をしたこと。声が震えるほど緊張しましたが、今ではよい思い出で、私の原点になっています。子どもは担任の良い点、悪い点、全てを吸収するので、私は礼儀や食事マナーなど基本的なことから見つめなおすようになりました。これからは、子どもたち一人ひとりの素敵なところをたくさん見つけて伸ばしたい。子ども同士でよい所を発見しあえるクラスを作りたいんです。子どもにとって先生は安心できる存在です。「笑顔いっぱいの先生でいる」という初心を日々忘れず、10年後も働いていたいです。

キリ短でよかったと思う事

「保育といえばキリ短」という知名度の高さと、オープンキャンパスで、礼儀正しくキラキラした先輩の姿に憧れを抱いて、キリ短を選びました。厳しい指導もありましたが、先生方の愛情もたくさん感じました。実習中「何かあればいつでも電話して来なさい」と先生方に言われ、全力で向き合って下さる安心感がありました。キリ短は保育者としての自分の原点となった場所です。

未来のキリ短生へ!

キリ短なら「先生になる!」という意識を常に高く持ちながら学べます。どの授業も内容が濃く、充実しているので、"全力"で頑張ってください!

保育士

A・Hさん
2016年3月 幼児教育学科卒業
公立保育所勤務

キリ短での充実した濃い2年間の経験が、

今の保育現場で生かされています

今の仕事内容は?

就職2年目の今年度は、0歳児クラスの担任をしています。調乳や生活面など、戸惑うことも多いですが、先輩の先生方に助けていただき、連携を大切にしながら保育をしています。園生活が初めての子どもたちが、安心して過ごせるような保育や環境構成を心がけています。昨日できていなかったことが今日できるようになった時に、子どもたちの成長を感じられ、とてもうれしいです。また保護者の方から「先生方のおかげです」と言葉をいただくと、やりがいを感じます。大切な時期の子どもの成長を見逃さないよう一日一日を丁寧に過ごしていきたいです。

実際の保育現場で難しいと感じるのは、子どもたちの動きを予測すること。子ども一人ひとりの動きは異なり、楽しく遊んでいる時はいいのですが、ケガやリスクにつながる場合も想定して安全な保育が行えるよう気をつけています。個性豊かな子どもを見守る保育は、本当にやりがいのある仕事です。今後の目標は、子ども・保護者の方だけでなく、周りの人それぞれの立場や思いに共感できる保育者になることです。そのために他の先生方からの学びを大切に、10年後も初心を忘れず謙虚な姿勢でいたいです。

キリ短でよかったと思う事

高校の担任の先生から勧められてキリ短を選びました。厳しい、大変なイメージもありましたが、一つひとつの課題をこなしていくと、自分の力になっていくのが実感できました。目標に向かって努力する力で、公務員試験合格という夢も実現できました。キリ短の2年間は、人生で一番充実した濃い時間でした。就職をした今でも、その時の経験が自身になり、生かされています。

未来のキリ短生へ!

2年間はあっという間ですが、とても充実しています。同じ目標を持った一生の友だちにも出会えます。楽しみながら自分の夢に向かって頑張ってください。

きりたんの幼児教育学科をもっと知ろう!