大阪キリスト教短期大学 子どもを愛する保育者を育てる

大阪キリスト教学院 大阪キリスト教短期大学 幼児教育学科/国際教養学科

ゼミ代表交流会

2014年12月9日の昼休み、2年生のゼミ代表者と副代表者を集めて交流の時を持ちました。
卒業後は学年を代表して実行委員となられることを説明し、友の会を通じて母校とのつながりを持ち続けて欲しいと呼びかけました。
その後、卒業生ゲストの谷川敬子さん(82生)よりコーチングについてのお話しを伺いました。
コーチングとはティーチング(教えを与える)ではなく、相手にはすばらしい力があると信じてともに学び活かし合うことであり、そのためにはコミュニケーションが大切となる。そのコミュニケーションを円滑に図るには、相手を良く知ることが重要であるという内容でした。
学生の皆さんも熱心に聞き入り、その中で行ったタイプ・チェックテストでは大いに盛り上がりました。
これから社会に羽ばたく皆さんにとって、今日のお話が一助となることを祈りつつ閉会となりました。